酵素ジュースは、自分で作ることができます。 自分で作る場合には、まずは一種類の材料で作ってみることから始めると、とても手軽に作ることができるのでオススメです。 酵素ジュースは、炭酸で割ったりすることも可能ですので、飽きないように変化をつけることもできます。 酵素ジュースを作るときのポイントは、食材と白砂糖の割合です。 食材1に対して、白砂糖が1.1になるように作ると、美味しく作ることができるでしょう。 酵素ジュースに砂糖を入れる目的は、食材の水分と酵素を食材から溶け出させるためです。 また、白砂糖は発酵菌の餌になるので、酵素を作り出すこともできますし、発酵状態を安定させるという役割も担っています。 ガラスの容器などに、生の果物の皮や種を取ったものと、その1.1倍の白砂糖を入れ、1週間ほどしてできあがったら、ザル、そして、ガーゼなどで濾すだけで、酵素ジュースを自宅で手軽に自分で作ることができるのです。 色々な旬の果物で試してみて、好みの味を探してみてください。